にきび対策


にきびの種類


2017年08月 2017年8月のニキビケア化粧品のランキング
大人気のニキビ対策基礎化粧品です。365日返金保障で、リピーターも多く、口コミでも人気があります。
売上2500万本の実績があり、繰り返すニキビをケアします。お得なサービスもいっぱいあります。
売上げNo.1で、知名度もNo.1ニキビケア化粧品。 他メーカーよりずっと長い60日間お試しできます。

にきび予防

ニキビ

にきびの予防やこれ以上にきびのトラブルを防ぐにはどのようにすればいいのでしょうか。まずは、基本的な予防を知ることから始めましょう。にきびの予防は、にきびを作る一番の原因になる毛穴の閉塞を防ぐ事が予防に繋がります。

にきびの予防に関する悩みを解消するにはいくつか予防方法があります。ここではみなさんにあったにきびの予防方法を紹介します。

洗顔方法による予防

洗顔にきび予防に一番適している簡単な予防方法は洗顔から始まります。洗顔とはいえ、ただ適当に洗顔をするだけでは効果がありません。にきび予防に適している洗顔方法があるのです。

まず洗顔料ですが、にきびに効果的なお肌に優しい低刺激の洗顔料を使用してみましょう。にきび予防にも最適な今流行のケミカルピーリングAHA石鹸を使用してみるのもいいですね。

洗顔の仕方は石鹸をしっかり泡立てます。柔らかく十分に泡立てたらそっと優しく静かになでるように洗います。力を込めてこすったり、ゴシゴシ洗ってしまったりしてしまうのは肌トラブルの原因となり、せっかくのにきび予防にも逆効果になってしまいます。特にドライ肌の方は注意が必要ですね。ここは重要なので抑えておきたいポイントです。

さらに重要なのは、洗顔後は軽くお肌に化粧水などで潤いを与え、あまり刺激のある化粧品を使用せずに、にきびに効果的な薬だけを塗るようにした方がいいでしょう。洗顔を毎日続ける事がにきび予防の一つとしての解決策となります。

ページの上に移動

ホルモンバランスによるにきび予防

にきびの原因」のページでも紹介しましたが、にきびはアンドロゲン(男性ホルモン)の多量の分泌により、にきびができやすくなってしまいます。これとは逆に、エストロゲン(女性ホルモン)は男性ホルモンをおさえてくれる働きがあるのでにきびは出来にくくなります。つまり、男性ホルモンを抑え、ホルモンバランスを調節することでにきびを予防します。

ホルモンバランスを調節するためには、女性ホルモンと同じ働きをしているイソフラボンの摂取がおすすめです。イソフラボンはフィトエストロゲンと呼ばれており、大豆の胚芽にたくさん含まれています。 にきびの発症を抑えるには、エストロゲンと同じ働きをしているフィトエストロゲンを摂る事がにきび予防に繋がる一つと言えます。

ページの上に移動

規則正しい食生活や生活習慣によるにきび予防

野菜刺激のある食べ物や甘いチョコレートやピーナッツなど、油分が多い食品を摂り過ぎるとにきびが出来やすい等と言われていますが、実際医学的に根拠は全くないそうです。そのときの体調や体質によっても変わってくるでしょう。自分にあった食品を選ぶ事も大切なにきび予防となります。

かえって、あれは食べてもいいが、これは食べてはいけないだとか、食べ過ぎてしまったので抑えておこうなど、自分にストレスを与えてしまう事は逆効果であり、睡眠不足や不規則な生活になってしまい、便秘など起こしてしまいます。にきび予防どころかにきびを増やしてしまいますね。

一番の原因は野菜の不足や偏食がにきびを発症させてしまいます。無理のない範囲で食生活を心掛ける事がにきび予防に適しているのです。

ページの上に移動

ストレスとにきび予防

ストレス予防多大なストレスによって自律神経が低下してしまう影響で、皮脂腺が活発になり余分な皮脂が分泌され、多くのにきびを発症させてしまいます。一番のにきび予防策はストレス解消をする事です。歌を歌ったりスポーツをしたり、体を動かして少しでも自律神経へのダメージを少なくすることです。

体を十分に休ませる事も大切です。睡眠をできるだけたっぷり摂りお肌に負担をかけないこともにきび予防に繋がります。 毎日の生活習慣からにきび予防が解決されていくので、思い当たる人は実践してみましょう。

ページの上に移動